サイト運営

パーマリンク設定、SEOに効果的なURLは?WordPress最適化について

WordPressでブログを立ち上げたらまずやるべき事の一つに、パーマリンク設定があります。

パーマリンクとはURLの後部に当たる部分ですが、最適なURLに設定する事でSEO面・ユーザビリティ面共に効果的なので是非早めに設定しておきましょう。

WordPressパーマリンクとは

パーマリンクとは、サイトやブログのURLに続く、個別記事や固定ページを示す部分のことを示します。

現在ご覧頂いている記事ですと、こちらの部分。

例えばこのパーマリンク部分をアクセスが集まってきてから変更してしまうと、ユーザーが正しく記事を見る事が出来なくなってしまったりというケースが発生してしまい、アクセスが大幅に減ってしまう可能性があります。

そんな事にならない為にも、記事を投稿する前に、しっかりとパーマリンク設定を行う必要性がありますね。

パーマリンクでSEOに最適なURLの設定方法は?

パーマリンクの設定は、WordPressのダッシュボードの「設定」→「パーマリンク設定」から。

画面中央部分の「カスタム構造」を編集します。

最もSEO効果が高いのは、こちらのカスタム構造と言われています。

入力画面に

『「/%postname%-%post_id%」』『/%category%/%postname%/』

など、postnameを入れた方が、検索エンジンでは有利なケースが多く、またURLに記事の内容が分かるようなワードが入った方がユーザビリティが良い、というのもあります。

ただ、カタカナや平仮名のタイトルのまま、カスタム構造でパーマリンクを設定すると『%E3%82%A2%E3%83%・・・』のように意味不明な文字の羅列で表示されてしまいます。

これでは最適なURLとは言えませんので、記事ごとにスラッグの変更をする必要があります。

1記事ごとにスラッグの変更をするのが面倒、という場合は

「『/%category%/%post_id%/』『/%post_id%/』

など、数字のみにしてしまうのも一つだと思います。

パーマリンクを途中で上書き変更してしまった場合は?

パーマリンクを正しく設定し、URLを最適化する事でSEOに強くなる、という事でブログを更新しアクセスが集まってから「やはり・・」とパーマリンク設定を変更してしまった、という場合もあるかもしれません。

パーマリングを上書き変更してしまった場合、当然URLも変更されますが、検索エンジンで表示されるURLは変更前のまま。

検索画面でユーザーが記事をクリックしても正しく表示されないという事が起きてしまいます。さらに、内部リンクに関しても表示が変わってしまいますので、全て変更しなくてはならなくなりますね。

万が一上書き変更してしまった場合は、すぐに変更前に戻しましょう。

URLを元に戻せば、数日を目安にGoogleのクローラーが正しいURLを発見してくれますので、検索エンジン上のURLと実際のURLを同一に戻ります。

くれぐれも、パーマリンク設定は慎重に行いましょう。

〜自由なライフスタイルを実現させたいアナタへ〜  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です