MAIのプロフィール

Webマーケター/コンサルタント

東京生まれ東京育ちの30代。
NY留学を経て出版社勤務の後、独立。

社会や家柄のレールに縛られず
時代も年齢も関係なく
性別や学歴・キャリアに囚われず

「好きなことだけで生きていきたい」
「PC1台でどこでも稼ぐ」

真の自由と自立を追求し、ゼロから起業。

趣味は読書と離島巡り。苦手なものは歩道橋。程よくベジタリアン。

MAIの現在の生活・仕事・収入やライフスタイル

MAIのプロフィールを訪問いただき、ありがとうございます。

私は現在、「自分だけの幸せを追求する人生を」というポリシーで
様々な仕事をさせていただいています。

ある時はヨガのインストラクターや振付師。
ある時はブログ運営者やコンサルタント。

オンライン・オフライン問わず
「自分らしく仕事を楽しむ」がモットーです。

 

軽く、私のweb実績を紹介させていただきます。

私は2016年9月にゼロからブログをスタートさせ
多い時で1日6万PV、月間60万PVに及ぶ人気サイトを構築させました。

最初に月収10万円を達成したのは、2017年3月。

こちらはアドセンスと呼ばれる収益です。他媒体の売上を合わせて計11万円ほど。

さらにその3ヶ月後、月収30万円達成。

他媒体からは約5万円強の収益がありました。多すぎるのでここでは割愛します。

一度大台を突破したあとは、ほとんど作業をしなくてもブログ収益は膨らみ続け、
4ヶ月後には累計100万円を突破。

外で自分の好きな仕事に打ち込んでいる時間も
家族や友達、恋人と一緒に過ごしている時間も
家で本を読んだり、カフェでのんびり過ごしている時間も

ブログから勝手に収益が生まれ続けてくれているので、
家賃や生活費はもはやブログが勝手に支払ってくれている感覚です(笑)

 

朝起きたらのんびり自宅でヨガをして、

lululemonのヨガウェアのままMac片手に
気ままに好きなカフェで仕事をすることもあれば

天気が悪い時は自宅にずーっと引きこもって仕事をすることも。

ちょっと気分を変えたい時は実家に戻ったり
新幹線に乗って2泊くらい場所を変えて過ごすこともあります。

必要な持ち物はPC1台なので、
誰にも縛られずに自由に過ごしています^^

 

ただ、私も最初から現在のライフスタイルを
簡単に手に入れたわけでは勿論ありません。

私が現在のライフスタイルへ至るまで、そして至った経緯とは。
それは今でこそ笑い話な、地獄の働きアリ時代へ遡ります。

本能とプライドの狭間で鬱屈していた20代

私がネットビジネスに出会うはるか昔。
20代の私は、都内の大学院に通う学生でした。

東京生まれ東京育ち、両親は健在で経済的にも恵まれた中流家庭。
友人からは「イージーモードな人生に生まれたね」とよく言われてきました。

 

でも、実際は。

 

小さな頃から守られてばかり。
部活も恋愛もアルバイトも

やりたい事はずっと「だめ」と言われて
勉強ばかりさせられてきて、優秀な兄弟と比較ばかりされる人生が、

イヤでイヤでたまらなかった。

 

私が進みたかったのは、ダンスの道でした。

親と学校に隠れてこっそり始めたアルバイトで貯めたお金で
高校時代にこっそり通い始めたダンス教室。

 

初めて自分自身で開いた扉でした。

 

「ここでは生まれも育ちも関係ない。
頑張れば頑張った分だけ実力が認められる。」

そう言われた気がしたのです。

 

ダンスにハマった私は
大学生時代からダンスの仕事をはじめますが

それでも就職を決めるタイミングで

「この道だけで進みたい!」という本能を
押し通す勇気はありませんでした。

親や優秀な兄弟の中で、私は劣等生。

「学費も支払ってもらってるし、就職だけはしないと」と
東証一部上場の大手出版社に就職を決めました。

 

でも、当時の私の興味はただひたすら「ダンス」だけ。

正直、出版業も出世もキャリアもどうでもよかった。

親や周りに
「大手出版社に勤めてる」「いい給料をもらってる」

こういうセリフが言えれば、あとはどうでもよかったんです。

 

今考えると、本当に腐ったミカンです笑

それだけ、幼少時から蓄積されたコンプレックスとプライドが
ぐちゃぐちゃに絡まった毎日を送っていました。

全てを捨てた日

私の心の中がどれほどぐちゃぐちゃだろうと、
勤め先は泣く子も黙る巨大出版社。

ザ・激務な毎日な中、
私は猛烈に二足のわらじをこなす日々を送ります。

ここでも私の高すぎるプライドが功を奏して

「ダンスをしてるから仕事に手を抜いてると思われたくない」
「仕事をしてるからダンスに手を抜いてると思われたくない」

 

一見完璧主義の真面目OLにも見えますが、単に

他者からの評価の恐怖に怯える毎日でした。

 

「30代までにこの仕事を手がけたい」
「男性には頼らず生きていたい」
「好きなこともキャリアも手に入れて家族を見返してみせる」

 

こんな気持ちで毎日寝ず食わず。
地方も海外も飛び回る生活を送りました。

 

しかし、ヒョンな時に限界がきます。

 

30代を過ぎて「転職するなら今が最後」というタイミングで

私は全てを捨てて、退職を決意したのです。

 

「お金はあるけど時間はない」生活を5年以上過ごし、

家族や周りへのプライドも、何もかもどうでもよくなりました。

 

残ったのは

「誰になんと思われようと、自分だけの人生を追求していきたい」

という意思だけでした。

 

私があっさりと退職の道を選んだ最初のきっかけは
2011年3月11日の東日本大震災。
日本政府やマスコミ不信、続く経済危機や世界情勢不安。

 

「自分が信じている世の中の常識は、本当に正しいのか」

 

そしてもう一つのきっかけは、父親が末期癌の宣告を受けたこと。

当時は複雑な気持ちもありましたが
何があろうと、大切な家族です。

私には家族以上に優先させる存在なんてない。

家族を失うかもしれない時に
「仕事が・・」なんてセリフは
二度と吐きたくないと思ったのです。

ネットビジネスと出会った30代

鬱屈してぐちゃぐちゃだった20代が嘘の様に

アッサリとキャリアを手放した当時の私は、
もはや全てのツキが落ちた様に晴れやかでした。

 

しかし、すぐに現実が襲ってきます。

 

毎月入ってきていた給料は当然ながら入らず
それどころか会社員時代に稼いでいた累進課税で
貯金はどんどん少なくなっていく。

勿論、会社員時代からのダンスの仕事は
晴れてフリーランスの身として
バリバリ活動出来る様になりましたが

会社員と違って社会保障はありません。

頑張れば頑張るほど報酬は増えるけど、
体力や年齢的に
将来に不安がないと言ったら嘘になる。

 

それに好きな仕事だからこそ
「こなす」様な仕事の仕方はしたくない。

仕事の質にはこだわりたいし、
自己成長や自己投資は続けたい。

 

でもそんな悠長なこと言ってられないかも・・・。

通帳の数字が寂しくなるにつれ、
楽観的な私も、さすがに笑えなくなりました。

 

今は元気だけどもし怪我や病気をした時は?
考えたくもないけど、ありえない訳じゃない。

だからといってバイトや派遣の副業は
建設的な生き方なのか。

 

結婚や妊娠出産、親の介護にもお金がいる。
年金もないし、やはり組織に所属するのが安パイなのかな・・。

 

そんな地獄のグルグルモードな時に私が出会ったのが、

 

ネットビジネスでした。

 

藁にもすがる思いでスマホを片手にし

「ノマド 自由」「PC1台 ライフスタイル」と検索した私は

一人のメンターと出会いを果たします。

 

私とは何一つ共通点のない人。
「1本のメールで1000万円を売り上げる・・」
という怪しげなコピーに

「本当かよ」(怪しい)

と迷いが生じなかったと言わなかったら
嘘になります。

でも、その時の私には
他に頼るべき術もなかったたし

不思議と「この人は信用できる!」と感じた
自分の直感を信じてみよう、と思い

決して安くはないコンサル費を支払って
藁をも掴む気持ちでコンサルを申し込みました。

 

最初の猜疑心が嘘のように、
その後は彼の元で一からネットビジネスを学び、
その面白さにどんどんのめりこみます。

 

それは、まさに

高校時代に初めてダンススタジオの扉を開けた時の感覚と同じ。

 

「ここでは生まれも育ちも関係ない。
頑張れば頑張った分だけ実力が認められる。」

 

あの想いが蘇ってきました。

「もしかしたら、自分でも出来るかもしれない。」

 

当時の私の武器は、何もない。

お金のないダンサーで、PCもよく分からない。

それに、ヨガの学校にも通い始めていたので
貧乏暇なしとはまさにこの事でした。

 

でも。

 

会社員時代と比べたら
「時間や場所に縛られない」ネットビジネスの忙しさなんて、比になりません。

レッスンウェアとヨガテキストの入ったビッグトートに、
11インチのMacbook airとwifiをプラス。

学校・仕事・自宅をひたすら往復し、
合間に目に入ったカフェへ滑り込み、ソイラテ片手にブログ更新。

ヨガ学校近くのスタバ店員さんには顔を覚えられ、
カフェで気になった事をそのままブログネタにして、
実家では開脚前屈しながらMacをカタカタして親に呆れられました。

コンビニバイトよりも安く働く日々

しかし。

一見リア充っぽい毎日を過ごす一方で、結果は全く出ない日々が続きます。

毎日記事更新しているのに、
収入はせいぜい月収5万円程度。

 

「コンビニでバイトした方が早くない・・・?」

 

何度もこんな不安が頭をよぎりました。
でも、メンターに支払ったコンサル費用は決して安くありません。

高い代金を支払って塾に入学し、
模試でいい点を取れないからと塾に通わなくなるのは筋じゃない。

それにネットビジネスは塾と違って、メンターにすぐ質問できる!

「どんなに無様でも絶対コンサル費用だけは回収する」と目標を定め、
それまでは絶対に作業を続けることを決めました。

 

目標額を決めたとなれば
「さっさと結果を出してこんな日々から抜け出したい!」となり

「余計な事考えてる時間があったらブログ書こう!」と
いよいよ自分を追い込みました。

 

集中できる環境に身を置く為に、誰にも相談せず
都心駅近のミニマルなマンションに引っ越し

つい時間調整が面倒で
チャットのみで済ませていた
メンターへのコンサルも

「私には何が足りてないんですか?」
「あの人と私は何が違うんですか?」
「どうして成果が伸びないんですか?」

と音声相談を劇的に増やし、

メンターから「こうしてください」と
言われた事は全て反映、更新の繰り返し。

 

脇目も振らずゴールへ走り続けるウサギの様な毎日の結果、
念願の月収10万円を達成しました。

 

その後は、前述した通り。

一度月収10万円を達成すると
SEOが強くなった事で

それまで芽が出なかった記事達が
勝手にアクセスを集めてくれる様になり

翌月以降は
半分以下の作業量で月収30万円以上を達成し

現在では累計350万円以上を稼ぐ
資産ブログへと発展しました。

 

先が見えない「暗闇」の中でも
メンターの元、愚直に頑張り続けたからこそ

「自動でお金を生み出す資産は
 自分の力だけで作れるんだ」

という自信の「光」を
自分自身の中に見つけることが出来ました。

 

自宅でのんびりヨガをしたり
平日に友人とランチをしたり
お金を気にせずやりたい仕事に打ち込んだり

自分の好きなことだけを全力で楽しむことのできる
現在のライフスタイルは

私のこうした「小さな自信」が起点となって
形成されています。

ビジネスはただのツール。だからこそ最大に恩恵を受けよう。

例えば今の会社員生活が、アルバイト生活が、
より自分らしいスタイルで実現することが出来たら。

自宅で、自分のPCで、自分のタイミングで。

どれだけチームや部署に貢献しても変わらない固定給と違い、
頑張れば頑張った分だけ報酬に還元される。

交通費もスーツの費用も必要なし。
コーヒーも甘いものも昼寝もし放題。
集中タイムは寝食忘れて作業に没頭。

くだらないおしゃべりで仕事を邪魔する同僚はいないし、
セクハラやパワハラ、憂鬱な上下関係も無縁。

 

幸運にも自分の「好き」を仕事にしていても
その収入が不安定だったり

目指すべき目標の為に一定期間インプットの時間を取りたい、
でも収入が途絶えるからそれが出来なかったり。

あるいは時間や場所や経済面を気にせず、
好きな事だけをやりたい、追求したい事がある!というケースだったり。

大切な人や家族と離れずに仕事をしたい、
というケースだったり。

 

私は、こういう人達こそ、人生を輝かせるための「手段」の一つとして

ネットビジネスの恩恵を最大限に利用するべきだと思っています。

 

私の場合は、それが
「自分だけの幸せを追求する人生を」をモットーに活動を続けていく事。

表現や教育に携われる自分の人生を追求し、昇華させていく事。

ここに捧げられる情熱が、全ての原動力となっています。

 

自分の足で一歩一歩、より輝き続ける人生を一人でも多くの方に。

これこそが、私の使命であり、
自己実現として現在追求している表現手段です。

是非、あなたも新たなる一歩を踏み出して、
自分だけの世界を切り開いていってください。

※現在、メルマガ登録いただいた方限定でブログ入門書をプレゼントしております。
武器はないけど自由を手にしたい、将来のリスクヘッジはしておきたい。

そんな大きな野望はないけど、小さな一歩を踏み出したい
あなたのご参加をお待ちしています。