TCD

ボタン追加編集プラグインAddQuicktagが便利すぎ!クイックタグを簡単カスタマイズする設定方法

ワードプレスでブログ運営していく上で作業効率を高めるためには、いかに合理的にツールやプラグインを設定していくか、が重要なポイントになります。

今回は時短ツールとして便利すぎるボタンデザインカスタマイズプラグイン、「AddQuicktag」の設定方法を紹介していきます。

ブログ記事効率化の強い味方!WordPressビジュアルエディタ投稿画面でボタンをカスタマイズをする方法

ワードプレスでブログ記事を投稿する際、テキストエディタでもビジュアルエディタでも、頻度の高いHTMLコードをボタン一つで呼び出せたら楽ですよね。

管理人も愛用している「TCD」など、テンプレートによってはデフォルトで超便利機能である「クイックタグ」が付いています。

ボタン編集プラグインAddQuickをインストールする前に、「クイックタグ」機能がある場合はまずはそちらからご確いただくことをお勧めします!

 

という事でAddQuickの前に、まずはTCDを例に「クイックタグ」機能の解説から始めていきます。

ブログ記事投稿画面ビジュアルエディタの「クイックタグ」を選択。

 

プルダウンでずらりと色々出てきます。

 

TCDはランディングページ機能や広告搭載機能も充実してるので、LP専用テンプレートでないにも関わらずボタン設置や広告設置がボタン一つで追加できるのはめちゃくちゃ便利ですね。一つ一つ色々試してみると面白いです。

試しにこの中の「囲み枠a」を使ってみましょう。

 

するとこんな感じに表示されました。枠内に文字を打ち込むことで、任意の文章を強調させる事ができます。

囲み枠a

 

もう一つ試してみましょう。
「関連記事カードリンク」を選択してみます。

 

するとこんな表示になりました。

 

“ここに表示させたい記事URL”  へ、試しに別記事URL ” https://maistylecreate.com/lifestyle/2507/ ” と入れてみます。

[clink url=”https://maistylecreate.com/lifestyle/2507/”]

こんな感じになりました〜。

 

ちなみに、記事関連カードリンクを使わずに、ダイレクトにURL挿入をするとこんな表示になります。

東京駅近のおしゃれ穴場カフェ4選!落ち着いた雰囲気&電源wifiで作業にもおすすめ!東京駅近辺には駅ビル含め膨大な数のカフェがありますが、常に混雑していたり狭かったりと、なかなかゆったりくつろげる&落ち着いて作業が出来る...

で、デカイ・・・(笑)

カードリンクを使った方がスマートな印象です。

 

ちなみにテキストエディタにはこの様な表示になっています。

一発で挿入可能ですね!ビジュアルエディタのプルダウンでも、テキストエディタでも、自分の好きな方で使いこなしていきましょう。

クイックタグをオリジナルにカスタマイズする方法は?追加や削除、非表示の設定方法も解説

とっても便利なクイックタグですが、オリジナルにカスタマイズしていく方法も紹介していきます。

頻度の高い文言などに関しては、いちいちHTMLコードを入力するのではなく「ボタン一つで色々呼び出せる」機能を自分で作っちゃえ!」ってことですね。

 

ちなみに私が使ってるテンプレートのTCDの場合、クイックタグを追加する方法としてダッシュボード内の「テーマ編集」から「Style.CSS」編集することから可能な模様です。

ですが、リスクを考えると極力テーマの編集は行いたくないなーというのが正直な所・・!

参考記事:WordPressテーマ編集でサイトが真っ白になった時の対処法

 

さらには、テーマによってはStyle.CSS内でのどの部分がクイックタグ該当コードなのか探すのがそもそも面倒、というパターンもあると思います(私の場合はこれでした)。

なので、管理人が至ったのが

「プラグインを使ってしまえ〜!」

という結論ですね。時間や手間などの代替機能、リスク回避機能としてのプラグインの恩恵をおおいに授かろうではありませんか!(笑)

ということで、お待たせしました。

ここから本題、超便利時短ツールプラグイン「AddQuicktag」の解説をしていきます。

いやーこれが思いの外便利でしたね。しかもめちゃくちゃ簡単です。では見ていきましょう。

AddQuicktagの設定方法

まずはダッシュボードからプラグイン「AddQuick Tag」をインストール、有効化まで進めていきます。

 参考記事:WordPressにプラグインをインストール&有効化する方法

 

無事有効化まで完了したら、「設定」→「AddQuicktag」を選択。

 

こんなページが出てきます。

AddQuicktagでクイックタグボタンの追加&削除編集をする方法

上部の「クイックタグの追加と削除」では、追加したいボタンの設定が可能です。

キャプチャの赤文字部分枠が、必須項目&個人的にお勧め箇所になります。

表示されるラベル:エディタで表示される名前(プルダウン選択の際に表示されるので分かりやすい名前がお勧め)
開始タグ:呼び出したいHTMLコードの始まり。例えばセンタータグなら <p style=”text-align: center;”> 、URLタグなら <a href=> など。
終了タグ:開始タグを結ぶコードの部分。例えば </p> や  </a> など。
順番:こちらは任意ですが、プルダウンの際に出てくる順番になるので、頻度の高いものから若い数字に設定した方が便利です。

入力が完了したら、「変更を保存」ボタンを押せば完了です。

 

ちなみに、AddQuicktagの具体的な設定方法についてはこちらの記事でもさらに具体的に解説してますので、ご参考ください。

[clink url=”https://maistylecreate.com/wordpress/4320/”]

AddQuicktagでクイックタグボタンを非表示にする方法

続いてデフォルトのクイックタグを非表示にするのは、下部にある「デフォルトのクイックタグを非表示にする」から設定を行っていきます。

設定は簡単!それぞれのエディタ画面で非表示にしたい箇所にチェックをつければOKです。

入力が完了したら、「変更を保存」ボタンを押せば完了です。

クイックタグは使用頻度の高いオリジナルデザインカスタムにおすすめ

もともとPCのスキルが高かったりwebデザインに長けている場合は別ですが、ブログ初心者の場合は特に一つ一つの作業に時間がかかってしまいがちです。

作業量による「慣れ」でクリアしていくことが大事な時も勿論ありますが、効率化できる部分はとことん効率化させていく姿勢が大切です。マネタイズ目的のブログ運営であれば特にですね。

今回紹介したクイックタグは辞書ツールに登録できないくらい長いHTMLコードを呼び出す際にとても便利です。つまり、オリジナルカスタムの見出しやボタン、吹き出しコマなどの頻出度の高い「デザイン系」ですね。

ボタンアイコンやラベルのカスタマイズをする事で、デザインのこだわりもスマート&効率的に勧められるので、本当に便利な機能だと思います。

是非、作業効率化は「塵も積もれば山となる」、出来るところからサクサクと進めていきましょう。

今回は以上です!

〜自由なライフスタイルを実現させたいアナタへ〜  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です