プラグイン

Google XML Sitemapsの使い方&サイトマップ送信方法

ブログ記事を検索エンジンに認識される為に必須であるサイトマップ送信

今回は手動でアップロードしなくてもサイトマップを自動生成してくれるWordPressプラグインGoogle XML Sitemaps設定方法を紹介していきます。

Google XML Sitemapsとは?

Google XML Sitemapsには

  • 記事の公開・更新の度にサイトマップを自動生成する
  • サイトマップが生成されたら自動で検索エンジンに通知する
  • 検索エンジンに認識してほしいページを指定できる

この様な機能が挙げられます。

ブログ更新毎に、クローラーに正確な更新情報を伝えることが出来ますので、インデックス速度の向上に繋がります。

Google XML Sitemapsを行うにはGoogleのアカウントが必須となりますので、まだビジネス様のアカウントを取得されていない方は、まずはGoogleアカウントの取得を行っていきましょう。

参考記事:Googleアカウントを新規取得する方法

Google XML Sitemapsの設定方法を動画で解説!

 

Google XML Sitemapsの設定方法を文章&画像で解説!

Google XML Sitemapsでサイトマップを送信する場合は、Google Search Consoleの設定が必要となります。

グーグルサーチコンソールの設定がまだ、という方は先にこちらから行っていきましょう。

参考記事:グーグルサーチコンソール登録&設定方法

 

サーチコンソールにログインし、右側にある「サイトマップ」「サイトマップがありません」と書いてあるバナーをクリック。

 

右上にある「サイトマップの追加テスト」をクリック。

 

「サイトマップの追加テスト」とURLを入力する画面が現れます。

一度サーチコンソールから、WordPressのダッシュボード画面に移ります。

WordPressのダッシュボード画面「プラグイン」→「新規追加」から、「Google XML Sitemaps」をインストール、有効化まで行います。

 参考記事:WordPressにプラグインをインストール&有効化する方法

 

ダッシュボードの「設定」に「XML Sitemap」が追加されていますので、クリックします。

 

左上に「あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL」というURLがありますので、こちらをコピーします。

 

もう一度サーチコンソールの画面に戻ります。

右上にあるブランク部分に、先ほどコピーしたURLが繋がる様に貼り付け、「送信」をクリック。

すると、この様に自分がサイトマップを送信した数が反映されます。

 

時間が経つと棒グラフの様な画面が現れます。

もし「保留」などという表示が出た場合でも、時間を置いて確認すると反映されていますので、少し待ってから確認してみて下さい。

 

以上で設定は完了となります。

「この作業が一体何に繋がるんだ?」と思われるかもしれませんが、後々繋がってきますので、しっかり設定していきましょう^^

〜自由なライフスタイルを実現させたいアナタへ〜  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です