ブログ運営

パーマリンク設定でSEOに効果的なURLは?WordPressを最適化させよう!

WordPressでブログを立ち上げたらまずやるべき事の一つに、パーマリンク設定があります。

パーマリンクとはURLの後部に当たる部分ですが、最適なURLに設定する事でSEO面・ユーザビリティ面共に効果的なので是非早めに設定しておきましょう。

WordPressのパーマリンク設定は要注意!エラーやPV激減リスクも

パーマリンクとは、サイトやブログのURLに続く、個別記事や固定ページを示す部分のことを示します。

現在ご覧頂いている記事ですと、こちらの部分。

 

例えばこのパーマリンク部分アクセスが集まってきてから変更してしまうと、ユーザーが正しく記事を見る事が出来なくなってしまうなど、アクセスが大幅に減ってしまう可能性があります。

イメージとしては、せっかく家を建てたのにお引っ越しをしたら、新しい住所を他の人に知ってもらう為に時間がかかってしまうのと同じような事です。

その家に行きたいのに「あれ、、、なくなってる!」なんて事になったら読者も混乱しますし、Google側でも調整が必要になってきてしまいますね。

また、万が一どうしてもやりたい、という場合にしても、正しく設定しないとエラーでサイトが真っ白になってしまうリスクもあります。

そんな事にならない為にも、ブログを立ち上げたら記事を投稿する前に、しっかりとパーマリンク設定を行う必要性があります。

パーマリンクでSEOに最も効果的なURLの設定方法は?

パーマリンクの設定は、WordPressのダッシュボードの「設定」→「パーマリンク設定」から。

 

「共通設定」にこの様な一覧が出てきます。

ここで記事を投稿したときにどの様なURL=パーマリンクにするか、が選べます。

最も最適なパーマリンク設定は「カスタム構造」

色んなサイトを見てみるとパーマリンク設定は割とバラバラだったりしますが、私の場合は「カスタム構造」にしています。

 

というのも、最もSEO効果が高いのは、こちらのカスタム構造と言われています。

こちらの「カスタム構造」は自分の任意のワードに設定できるので、最もSEOに最適なワードに設定すればGoogle検索でも優位に立てます。

 

入力画面は

/%postname%-%post_id%』『/%category%/%postname%/

などがオススメです。次から理由を説明していきます。

「postname」とは?

例えばこの記事であれば

/%postname%-%post_id%』と設定した場合 →「permanentlinksetting/127」

/%category%/%postname%/』と設定した場合→「wordpress/permlinksetting」

など、「permlinksetting」と入れる事で

「この記事はパーマリンクの設定について書かれた記事なんだ!」と

読者が分かりやすい記事URLにする事ができます。

 

このpostnameは自分で設定できるので、

URL上に記事の内容が分かるようなワードを入れる事ができる

ユーザビリティが高い=Google評価に優位

なURLをつけることが可能です。

postnameをそのまま入れるだけでは不十分!スラッグの変更が面倒な場合は

ただ、設定の際に一手間入れないとカタカナや平仮名のタイトルのまま、カスタム構造でパーマリンクを設定すると

『%E3%82%A2%E3%83%・・・』

のように、意味不明な文字の羅列で表示されてしまいます。

これでは最適なURLとは言えませんので、記事ごとにスラッグの変更をする必要があります。

1記事ごとにスラッグの変更をするのが面倒、という場合は

/%category%/%post_id%/』『/%post_id%/

など、数字のみにしてしまうのも一つだと思います。

 

ちなみ私は一つ一つスラッグ変更をかけるのが面倒なので笑、

こちらのサイトでは『/%category%/%post_id%/』を起用しています。

 

もし1記事ずつ手間をかけられるのであれば「postname」を使う事が最もSEOに優位ではありますが、パーマリンクは一度設定したら途中で変えられない(事を強く推奨)ので、長期的に運営していく事を考え、ご自身の作業ペースや性格に合わせたパーマリンクに設定していく事をオススメします。

パーマリンクを途中で上書き変更してしまった場合は?

パーマリンクを正しく設定し、URLを最適化する事でSEOに強くなる、という事でブログを更新しアクセスが集まってから「やはり・・」とパーマリンク設定を変更してしまった、という場合もあるかもしれません。

パーマリングを上書き変更してしまった場合当然URLも変更されますが、検索エンジンで表示されるURLは変更前のまま

検索画面でユーザーが記事をクリックしても正しく表示されないという事が起きてしまいます。さらに、内部リンクに関しても表示が変わってしまいますので、全て変更しなくてはならなくなりますね。

万が一上書き変更してしまった場合は、すぐに変更前に戻す事をオススメします。

URLを元に戻せば、数日を目安にGoogleのクローラーが正しいURLを発見してくれますので、検索エンジン上のURLと実際のURLを同一に戻ります。

万が一どうしても新しいパーマリンク設定にしたい場合は、Search Consoleからインデックスのリクエスト送信をしたり、SNSで拡散するなど出来るだけ早くインデックスされる様に対応していきましょう。

〜PC1台で自由なライフスタイルを楽しみたいアナタへ〜