アフィリエイト

【初心者向け】ブログ月間平均検索ボリューム数の効果的な見方と注意点

Google Adwardsの無料で使える便利ツール、キーワードプランナー。

中でもブログサイトなどのアクセスを集める為には、選定したキーワードの「月間平均ボリューム数」についてのリサーチは重要になります。

今回はGoogleキーワードプランナーの月間平均検索ボリューム数の見方について、初心者が抑えておきたいポイントを解説していきます!

Googleキーワードプランナーの月間検索ボリューム数の調べ方&見方は?

キーワード検索需要を調べる為には、Google Adwards(グーグルアドワーズ)の登録が必要となります。

まだ登録が完了していない場合は、Google Adwardsに登録して、無料でキーワードプランナーを使える様に準備していきましょう!

無事に登録が完了したら、キーワードプランナーを使って実際にキーワードを入力して、検索需要を確認していきます。

参考記事:Google Adwardsキーワードプランナーを無料で登録してキーワード検索需要を調べる方法

キーワード検索をかけたら月間検索ボリューム数でフィルターをかけよう

ブログで収益をあげるためには「このキーワードがどのくらい検索されるのか」ということを意識しなければなりません。

実際にキーワード検索をかけて検索結果が表示されたら、上部項目の「月間検索ボリューム数」でフィルターをかけていきましょう。

「月間検索ボリューム」をクリックして、降順で並び替えます。

月間平均検索ボリューム数は

  • 100万〜1000万
  • 10万〜100万
  • 1万〜10万
  • 1000〜1万
  • 100〜1000
  • 10〜100
  • 1〜10

と、0の桁ごとに範囲内で表示されます。

有料版だともっとハッキリした数字になりますが、無料版だとこの範囲でしか数字は表示されません。

ただし、ブログアクセスアップで狙うべき指標としては「桁レベル」の範囲で十分です。

では、次から実際にどの範囲を狙うべきかを解説していきますね。

月間平均ボリューム数で狙うべきSEOに効果的な数字の範囲は?

実際にキーワードプランナーを使っていくと、何となく感覚で分かってくると思うのですが

「月間平均ボリューム数」が多ければ多いほど、当然ですがライバルも多く手強いキーワードになります。

よりアクセスを集めるためには検索需要が多いキーワードで上位表示を狙いたい、そしてライバルも全く同じことを思っているからですね。

 

以上を踏まえて、まずは「月間平均検索ボリューム数」だけで見るとするなら、

  • 1000〜1万
  • 100〜1000

個人的にはこの辺りのキーワードを狙います。

 

これ以上大きい数字だとライバルに埋もれてしまう可能性が高いので、複合キーワードで狙ったほうが着実ですし

これ以上低い数字だと母数としての検索需要が少なすぎて、上位表示されてもアクセスが集まらない可能性が高いからです。

参考記事:キーワード選定における複合キーワードとは?

 

しかし!

ここで注意したいのは、キーワード選定は「月間平均検索ボリューム数」だけでアクセスが決まる訳ではない、ということ。

当然ながら、例外もあります。

次からキーワード選定を行っていく上で、月間平均ボリューム数を無視してもいい例外ケースや注意点を解説します。

月間平均ボリューム数を無視してもいい例外ケースの効果的な使い方や注意点は?

そもそも運営しているブログの種類(ジャンル)やどんな集客(アクセスアップ)をしたいかによって、キーワードプランナーの使い方は変わってきます。

月間平均検索ボリューム数が低すぎてもいいケース

例えばトレンドアフィリエイトの様に「短期集中型」で「とにかく一気に集客をしたい!」というケースであれば、キーワードは「新規キーワード」になるケースが多いと思います。

参考記事:「新規キーワード」と「既存キーワード」とは?トレンドアフィリエイトでの使い方も解説

新規キーワードは、まだこの世に生まれていない(=インデックスされて)いない、もしくは生まれて間もないキーワードですから、月間平均検索ボリューム数が少ない、むしろ0であるケースもあり得ます。

あなたが「これは絶対にアクセスが来る!」と睨んだのであれば、少なければ少ないほど美味しい(=独り占めして上位表示できる)という訳ですから、新規キーワードに関しては月間平均検索ボリューム数の見方を変えていきましょう。

月間平均検索ボリューム数が高すぎてもいいケース

逆に、月間平均検索ボリューム数が高すぎて「ライバルだらけや・・・」というレッドオーシャンに見えるキーワードでも、そのキーワードで何かしら優位に立てる要素があれば、上位表示できる可能性は大いにあります。

もちろんキーワードプランナーやgoodkeywordを駆使して複合キーワードで抜け穴を探す事も一つですが、

例えば既にそのキーワードで上位表示できそうな特化サイトを運営してたり、何記事も記事更新してSEOが強くなっている場合は、そもそもの可能性として、勝てそうな潜在力がサイトにあると言えます。

参考記事:goodkeywordや虫眼鏡を使った複合キーワードの探し方

また、その記事を更新してSNS拡散したら一気にアクセスが集まりそうなコミュニティに所属していたり、自分だけが何かしら特別な情報を持っている「権威性」「信頼性」「オリジナリティ」があれば、それは他のライバルよりも頭一つ抜き出る可能性は高くなります。

そういった自分ならではの優位性がある場合は、サイト記事の説得力も変わってきて長期的にアクセスも伸びていきますので、積極的に活用していきましょう。

月間平均検索ボリューム数は、キーワード選定要素の一つ

今回はキーワードプランナーにおける月間平均検索ボリューム数について解説していきました。

キーワード選定において「キーワードの検索需要」を知ることはとても大切な事です!

特に初期段階のサイトSEOが弱い段階では、狙いやすいキーワードで着実にアクセスを集める事も重要になってきます。

ただ、「月間平均ボリューム数」にこだわり過ぎて「多すぎるからダメだ・・・」「少なすぎるからダメだ・・・」と諦めて勿体無い思いをした、なんてことがない様に、あくまでもキーワード選定の目安の一つとして、上手に活用していきましょう。

〜PC1台で”生き方”を”働き方"へ〜
ABOUT ME
MAI
MAI
webマーケター・コンサルタント 某マンモス出版社勤務後、フリーのダンサー・ヨガインストラクターとして独立するも「好きな仕事」の現実に直面しゼロから起業。 ブログ収入は累計350万円突破。▶︎さらに詳しいプロフィール ▶︎ブログ起業入門講座