ツール

Cloudflare(クラウドフレア)のWordPress設定方法!パスワードの変更方法も解説

WordPressブログを長期間運営していると、画像や記事コンテンツの増加と共にサーバー負荷がかかる事でアクセス動作が遅くなったり、503エラーなどが頻発する様になったりと、悩ましい問題も多多発します。

今回は無料で簡単に出来るCDN、Cloudflare(クラウドフレア)の設定方法&パスワードの変更も∂解説していきます!

CDN、Cloudflare(クラウドフレア)とは?

ブログを運営するサーバー負荷を軽くさせる為のおすすめツール、CDN、Cloudflare(クラウドフレア)。そもそもCDNとは何なのでしょうか。

CDNとは

CDNとは、コンテンツデリバリーネットワークの略で、Web負荷分散システムともいいます。

直接ウェブサーバーにアクセスせず各地に分散設置されたキャッシュサーバを介しアクセスすることで、ウェブサーバーの負担を軽減させるシステムです。

大量にアクセスがくるサイトなどに使われるCDNですが、CloudflareはWebサーバー上のコンテンツの中でキャッシュ可能な画像やCSSファイルなどをCloudFlare上の複数サーバーにキャッシュしてくれます。このパフォーマンスが無料で出来るというのはかなりありがたいですよね。

Cloudflareを利用する際の注意点

クラウドフレアは2009年にアメリカで設立された会社です。アクセスすると自動的に日本語に変換されますが、海外サイトあるあるな感じで、所々変な日本語になる事あります。

また、クラウドフレアのサーバーは海外にあるのでセキュリティに敏感になっておく必要があります。

例えば覚えのないIPアドレスからアクセスがあった時などは、メールでアラートが飛んできますので、パスワードの強度を強くしておくなど必ず対応をしましょう。

ちなみにアラートのメールも全て英語表記になります。長期間ブログ運営されていたり慣れている場合は特に問題なく対応できると思いますが、重要そうなメールが後回しにせずに必ず確認しておきましょう。

また、クラウドフレアを導入する際にキャッシュプラグインを設定し直す場合はWordPressとの相性も確認しておきましょう。

Cloudflareの設定方法を解説!

Cloudflareの登録方法

まずはCloudflareトップページへアクセスします。

 

下にある「今日始める」かサインアップ画面から、登録するEメールアドレスとパスワーを入力して「サインアップ」を入力して、チェックを入れたら「アカウントを作成する」をクリックします。

 

続いてキャッシュしたいHPのドメイン名を入力し「つながるリレープロに・・」という右側のボタンをクリックします。

※私のサイトの場合は「maistylecreate.com」と入力しました。

 

クリックするとこの様な画面になります。

 

完了したら、右下の「持続する」をクリックします。

 

続いてプランの選択画面に移るので、「無料のウェブサイト」を選びます。

 

するとネームサーバーが表示されます。

 

「持続する」をクリックすると、この様に再度ネームサーバーが表示されます。

 

こちらのネームサーバーをブログのサーバーサイトで上書きするので、分かる様に保存しておきましょう。

Cloudflareのネームサーバーをサーバー上で更新する

続いてはWordPressで使用しているサーバー画面に移ります。

今回はエックスサーバーで解説していきます。

エックスサーバーのインフォパネルから、対象サイトのドメインパネルにログインします。

 

続いてドメインパネルの「ネームサーバーを変更」をクリックします。

 

こちらの「ネームサーバー1〜5」の内容を、先ほど保存したネームサーバー通りに上書きします。

私の場合はネームサーバー1と2を変更、3以降は「このネームサーバーを削除」と表示してあったので、この様に上書きしました。

 

以上で設定は完了です。
無事に設定が完了したら、Cloudflareのサイトに戻ってネームサーバーを再確認してみましょう。

設定完了の表示が出たらOKです!
メールでも本文に「Congratulations!」から始まるメールが届くと思うので、確認しましょう。

Cloudflareのメールアドレスやパスワード変更方法は?

前述した通り、Cloudflareは海外の会社なのでセキュリティはしっかりしておきたいですね。

もしもメールアドレスやパスワードを変更したい、という場合はトップページのアカウント設定から行いましょう。

「私のアカウント設定」→「私のプロフィール」へ進みます。

 

するとこの様な画面になります。

こちらでパスワードを再設定する事が出来ますので、強度の高いパスワード設定をしておきましょう。

 

Cloudflareの解説は以上となります!

Cloudflareに登録する為にはメールアドレスと、サイトのドメイン名だけが条件です。逆にいえばサイトドメインの管理者であれば、簡単に無料で登録が可能になりますので、是非参考にされてみてくださいね。

〜自由なライフスタイルを実現させたいアナタへ〜  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です