ライフスタイル

果物や野菜のシールラベル数字の意味!農薬や遺伝子組み換えの番号、選び方は?

スーパーの青果コーナーの野菜果物に貼ってあるラベルシール

キウイやグレープフルーツなど一つ一つの果物に貼ってあるこのラベルシールですが、よく見ると4桁〜の数字番号が書かれており、意味があるという事をご存知でしたでしょうか? 

果物や野菜のシール番号、農薬や化学肥料、遺伝子組み換え商品、有機栽培やオーガニックは何桁?

トマトやバナナなど、野菜や果物に貼ってあるラベルシール番号に並ぶ数字は、アメリカの農産物マーケティング協会が、在庫管理と標準化を目的に設定した「PLUコード」と呼ばれているものです。

5桁で8から始まる意味は遺伝子組み換え作物!

数字が5桁で8から始まるものは、「遺伝子組み換え作物」。遺伝子組み換え作物とは、種の組み替えが行われた農作物であり、除草剤をかけても枯れない等、特殊な性質を持ちます。英語では「GMO」(Genetically Modified Orgasnisms)と呼ばれています。

4桁で3か4から始まる意味は化学肥料使用!

シールに書いてある数字が4桁で3か4で始まるものは、「化学肥料使用」。遺伝子組み換え作物でないものの、大量の農薬や化学肥料が使用されている可能性があります。

5桁で9から始まる意味は有機栽培!

数字が5桁で9から始まるものは、昔ながらの「有機栽培」。同じ果物でも、2倍以上値段が高いものや「オーガニック」と記載されているものはこの数字である事が多いかもしれませんね。

野菜や果物にシールが貼っていない理由は?数字表示は消費者の為ではなかった!

確かにこのシールに書いてある数字を見れば、自分が口にする果物がどの様な農法で作られたものが分かります。

しかし、この番号シールを使うかどうかは食料品店の自由となっており、シールが貼られていない果物があるのも事実。

シール貼り付けに関しては特別な検査、承認、表示の義務付けは行われていないのが現状です。

PLUコードは、そもそも青果品を売買するお店が在庫管理をしやすくするために補助的に使っている事が始まりだった様です。

今のところ遺伝子組み換え食品の場合も、オーガニック食品の場合も、表示するかどうかは生産者しだいとなっている。オーガニック食品の表示をするときは『全米オーガニック・プログラム』に従わなければならない。

消費者団体や議員たちは、遺伝子組み換え食品の表示を義務付けるよう運動を始めた。しかし、自らすすんで情報を表示しようとするバイオテクノロジー企業は1社もない。

引用元:WIRED

とは言え、このラベルシールが消費者にとって一つの大きな購入基準になる事は一つ。

農薬大国と呼ばれている日本の食物事情、自分や大切な人の為にもしっかりと情報をアップデートして、安全で楽しい食生活を過ごしていきたいですね。

〜自由なライフスタイルを実現させたいアナタへ〜  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です