Skype

PCのwebカメラが勝手に起動!ウィルスに感染の注意点や対処の方法は?

スカイプやfacetimeなどのビデオ通話に使われるPC内蔵のwebカメラ。実は知らない間に勝手に起動している・・!という被害が発生している事をご存知でしたか?

今回はウェブカメラによる盗撮被害を防ぐための注意点や、発生してしまった時の対処法を紹介していきます。

macやwindowsでPC内臓カメラが勝手に起動するのはなぜ?ウィルスにかかった時の対処法や注意点は?

SkypeやFacetimeなどで使うmacのインカメラやwindowsに取り付けたwebカメラが、スカイプでテスト起動やビデオ通話をしていない時も起動していた・・・想像するだけで恐ろしいですよね。

しかし、実際にはPCですべてのタブを閉じたら画面に自分の顔が映っており、画面下に見知らぬアイコンが出ていた事が複数回あった、というケースが報告されています。

いきなり自分のPCにそんな事が起きたらビビりますよね!!

しかも気づく事が出来ればまだしも、知らないうちにPC内のデータをハックされてるだけでなく、プライベートも盗撮されてたとしたらもう人生の危機に発展しかねません・・・。

実際に起きている「webカメラが勝手に起動する」原因は、残念ながらウィルス感染。webカメラを勝手に起動させるBackDoor.Webcam.9というウィルスを仕掛けられたり、トロイの木馬(一見無害に見えるソフトウェア)によってカメラをハッキングされた、という例が報告されています。

webカメラをハッキングされない為の注意点!

それでは早速ウィルスソフトやトロイの木馬による被害に合わないための注意点を見ていきましょう。

アンチウィルスソフトをインストール

まずは必ずアンチウィルスソフトを必ず使用しましょう!windowsの方、インターネットを使ってネットサーフィンやメールを使う場合は絶対に必須です。

サイトやメール、添付ファイルは不用意にアクセスしない

怪しげなサイトやメール、身に覚えのない添付ファイルは不用意にアクセスしない事。自分がウィルス源となって拡散させてしまう可能性もあります。

アップデートを怠らない

アップデートを行う事で、PC内部の不具合を直したり若干の機能向上などが行われます。バージョンアップを放置するとセキュリティホールからウィルスが侵入してしまう事もあり得るので、こまめにアップデートしていきましょう。

不用心にPCから離れない

上記を自分がどんなに気をつけていたとしても、直接ソフトをインストールされては元も子もありません。

カフェや休憩室、図書館などの公共の場では、PCに対して不用心にならない様に気をつけましょう。オーダーをとったりお手洗いに行く時など少し場を離れる時は、ロックをかけたりケースやカバンに入れたりするなどの注意が必要です。

webカメラが勝手に起動した時の対処法は?

それでもwebカメラが勝手に起動してしまった時はどうすればいいのでしょうか。

セキュリティソフトでウィルス駆除

ウィルスが原因の場合は、セキュリティソフトで駆除しましょう。

バックアップを取ってリカバリー

ウィルスが検出されない場合は、専門店に相談する事をお勧めします。最悪の場合、PC自体のリカバリーが必要になる可能性もありますので、必要なデータはバックアップを取っておくといいかもしれません。

カメラをテープで塞ぐ

一番わかりやすい対策です!そもそものレンズを塞いでしまえば、向こう側も真っ暗ですからね。ウィルス駆除後も、万が一に備えてつけっぱなし、という方も多い様です。

まとめ

今回はwebカメラが勝手に起動する時の注意点や対処方法を紹介しました。

想像もしたくない事ですが、備えあれば憂いなし。

今や私たちの生活になくてはならないPCをウィルスから守るためにも、日々の生活やビジネスにおいての扱いはくれぐれも大切に扱っていきましょう。

〜自由なライフスタイルを実現させたいアナタへ〜  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です