ライフスタイル

ダンサーの副業おすすめアルバイト!ダンス関連やシフト制、高収入な仕事は?

ダンサーやダンスインストラクターの専門業だけで月収20万円以上をコンスタントに稼いでいる人は10人に1人もいないと言われています。まして、社交ダンスやバレエの様に衣装代や上下関係の付き合いで支出が多い、と言うジャンルであれば尚更。

ダンスレッスンを受けたいし整体マッサージでメンテナンスもする、となるとやはり高収入で体力を使わない比較的楽な仕事、それでもってシフト制のアルバイトを選ぶ方が多いのではないでしょうか。

今回はダンサーに人気の副業アルバイトの種類や、ダンス関連のおすすめの仕事について紹介していきます。

ダンサー・ダンスインストラクターに人気の副業アルバイトの種類は?

ダンサー、ダンスインストラクターに人気の副業アルバイトはこちらです。

>居酒屋・カフェなどシフト制の飲食店

まだダンスの仕事をしていない場合は自分の都合に合わせてダンスレッスンを入れたり出来るので、比較的仕事も選びやすいですよね。

人気なのは勤務日時にシフトが効く飲食店のアルバイト。深夜の居酒屋やバーなどで高収入を得ることも可能ですし、早朝のカフェで働いて食費を安く済ませることも可能です。

またフラダンスやフラメンコなどのジャンルだと、パフォーマンスタイムのあるバーやレストランで、スタッフ&パフォーマーとして働くダンサーさんもいますね。

コールセンターや事務員など、派遣社員型副業

ダンサーに多いのが、副業としてアルバイトではなく事務仕事を派遣社員として短期契約で働いている、というパターン。

飲食店勤務よりも体力を使わず、給料など社会保障も堅い点が魅力。また、コールセンター業務などはシフト制の仕事なのに安定しているというのも人気の理由の一つの様です。

ダンススタジオの受付スタッフ

通っているダンススタジオの受付や事務としてそのままバイトを始めた・・というのはよくあるパターン。

ダンススタジオ運営に関わる事によって、多くのダンス知識や人脈に触れる機会も増えますし、業界の裏側を知れたり憧れのダンサーさんと近づけるチャンスもあります。

また、給料は高くなくても、スタジオの空き時間に練習場所として使える可能性もある、というメリットもあります。

着ぐるみダンサー・テーマパークダンサーなどの登録型

ツアーダンサーやインストラクターとして活動することになれば、契約やリハーサルによっては拘束時間が長くなったり休みが不定期になったりしがち。一定期間契約期間を終えたらスケジュールが空いてしまった・・という事もありがちです。

そんな方におすすめなのが、子供向けのダンスインストラクターテーマパークでの着ぐるみダンサーの仕事。定期的な仕事もありますが、意外に単発で登録型の仕事が求人サイトに掲載されています。

人気の仕事なので倍率は高いですが、実績がある方の場合は穴場案件もありますのでおすすめです。

ダンサー・ダンスインストラクターにおすすめ、ダンス関連インターネットビジネスは?

続いては、インターネットを使った現代ならではの仕事になります。

ストアカでダンスレッスンを開催する

「ストアカ」とは、教えたい人と学びたい人をインターネット上でマッチングサービス媒体。

ダンスやヨガは勿論、ビジネススキルやIT分野など、170以上ものジャンルの講座が揃っており、講師登録も講座掲載も全て無料。

売り上げの1〜2割を運営側に支払う必要がありますが、レッスン料や日時も自分で設定出来ますので、仕事が不定期なダンサーさんには嬉しいですね。また、講師向けのイベントやスタジオ場所の紹介などのバックアップなども充実しています。

集客や実施回数をうまく行って、定期的に高収入に繋げることも可能です。

ストアカの公式HPはこちら

ダンス関連商材の販売

長年培ったダンス知識と経験を生かして、ダンス関連商品を販売するダンサーさんは多くいます。

ダンサー向けのウェアや衣装などアパレル販売から、ダンス関連アプリや「初心者でもすぐにリズム感がよくなるダンスメソッド」の様な情報商材を販売するベテランダンサーも。

情報商材の場合は、TwitterやFacebook、InstagramなどSNSを使って世界中から顧客を集める事も可能ですし、そこから大きなワークショップイベントを開催させる事も可能になります。

YouTubeでダンス動画チャンネルを作成する

人気YouTuberのヒカキンさんやはじめしゃちょーさんなどの人気YouTuberは、年収数億円と言われています。そこまでのレベルになるのはかなりハードルが高いですが、人気が出るような動画をアップロードすれば、それだけで収入に繋がるのがYouTube。

初心者向けのダンスレッスンや、ダイエットが目的のダンスエクササイズ、「踊ってみた」系など、人気の出そうなダンス動画を増やしていけば、再生回数と共に収益になります。

収益を生むためには継続的な努力が必要になりますが、自分のパフォーマンス向上やブランディングにもつながりますし、動画を通じて仕事の依頼がくることもあります。

まとめ

今回は、ダンサーやダンスインストラクターにおすすめの副業について紹介しました。

これまでのダンサーの副業では「シフトが効いて高収入なパターン」というと合理的タイプと、「せっかくダンサーだしダンスに関係した仕事がしたい!という「ダンス系」の2パターンが多い、とも言えました。

しかし、インターネット普及により「ダンサーだけの収入だけでは食べていけない」という場合も、現在は様々な副業のスタイルが存在します。

特にYouTubeや情報商材などのインターネットビジネスは、一度仕組みさえ作ってしまえば定期的に収入を生み出してくれますし、「楽して高収入」なだけでなく自分自身も楽しめて本業が広がる可能性も広がりますので、精神面も安心ですね。

私が行ったのもこのインターネットビジネスでした。疲れた体やリハーサルを優先させる事が出来、時間や場所を問わずに稼ぐことが可能なのも、ダンサーの副業としてはメリットが非常に多いですよね。

稼ぎ方一つでも様々な選択肢がある現代。本業に注力するためにも、副業には自分に合ったスタイルを選んでいきましょう。

〜自由なライフスタイルを実現させたいアナタへ〜  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です